落合シェフのグルテンフリーパスタが最高!レトルトで超簡単

   

グルテンフリーパスタ画像

The following two tabs change content below.
渡辺龍太

渡辺龍太

放送作家
トランプ・ウォッチャーな放送作家。10年前にトランプの講演を生で聴いてからトランプに注目。普段は情報番組の企画・構成や、ナレーション作りが得意。最近、著書がAmazonのベストセラーランキング1位になって、少し調子に乗っている。詳しいプロフはこちら!

面倒くさがりやの私がグルテンフリー生活をしていると、いつも、同じメニューばかり食べてしまっています。

 

例えば、何がグルテンフリーなのかを考えるのが面倒なので、最近の私の外食は、牛丼ばかり(笑)

 

さらに、家で食べる時は、ご飯に『魚』『肉』とかを繰り返すだけで、ちょっと飽きてきました。

 

そこで先日、グルテンフリーの玄米パスタとレトルトソースを使って、家でできる究極のパスタはないか探してみたんです。

 

すると、とっても美味しいパスタを見つけました!




 

落合シェフの予約でいっぱいの店ポモドーロが最高だった!

今回使うパスタは、小林生麺のフィットチーネという、きしめんの様な生パスタです。

グルテンフリーパスタ

 

アマゾンでも売ってますが、ご近所にカルディーなどがある人は、そちらで買っても良いと思います。

 

ちなみに、3分鍋で煮るだけなので、とっても使い勝手が良いです。

 

そして、いろいろ試行錯誤して、このパスタに一番合うと思ったのが・・・!?

ポモドーロ

 

S&Bから出している、予約でいっぱいの店のポモドーロです。

 

『グルテンフリー』と『落合シェフ』という、私にとっての理想的なコラボが、とても良い組みあわせでした。

 

 

落合シェフのポモドーロは、トマトの濃縮感が美味しい

まず、ポモドーロって何かと言うと、イタリア語で言う所の、トマトソースです。

 

用意するのは、パスタと調理器具と水のみ!

ポモドーロ

この行列のできる店のポモドーロは、用意するものが、とっても少ないんです。

 

上にかかっている粉チーズも、元からレトルトのパックと一緒についています。

 

なので、自分で用意するのは、パスタと調理器具と、水のみでOK!

 

もちろん、自分でパセリとか、肉とかを加えても、おいししと思います。

 

 

味は濃厚で最高!

肉とかの具材は一切入っていなないのですが、味が物足りないということは、一切ありません。

 

とっても、トマトの味が濃縮されていて、マイルドな酸味と、甘みが丁度良い味です。

ポモドーロアップ

 

さすが、人気の落合シェフの名前が使われている、パスタソースだと納得しました。

 

※小麦粉感は一切ないのですが、一応、ほんの少し小麦粉は使われている様です。でも、私はそれくらいならと妥協しました。




 

 超人気イタリア料理店『LA BETTOLA (ラ・ベットラ)』のオーナー 落合シェフ

念のため、落合シェフが、どのくらいすごい人なのか、知らない人のために、そこも書いておきます。

 

落合シェフは、ラ・ベットラ・ダ・オチアイというお店のオーナーシェフです。

 

そして、「日本一予約のとれないレストラン」として有名なお店で、マスコミに頻繁に登場しています。

 

さらに、日本イタリア料理協会の会長でもあり、日本のイタリア料理会を引っ張っている人みたいです。

 

考案したレシピが、レトルトになっているのが、S&Bの『予約でいっぱいの店のおポモドーロ』だと思うのですが、さすがでした。

 

他にも、もっと落合シェフシリーズが食べたいです!




 

まとめ

グルテンフリー生活をしていると、食生活がワンパターンになりがち。

 

なので、家で食べれる料理を探していたら、玄米のグルテンフリーパスタと、落合シェフ考案のレトルトソースが、とってもよくあった。

 

パスタソースは濃厚で、よくパスタと絡み、美味しかった。

 

さすが、有名シェフの考案したレシピが使われているだけあった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - ライフスタイル ,