石井苗子さんは何者!?謎が多すぎる経歴を本人に聞いてみた

      2016/12/10

石井苗子アイキャッチ

先日、元女優で参議院議員の石井苗子さんが、私のレギュラー出演している湘南ナパサの「麻耶のハッピーサタデー」というラジオにゲスト出演して下さいました。

napasa

http://www.fmshonan783.co.jp

 

とはいえ、とっても忙しい方なので、ラジオ出演者の歌舞伎町の母こと麻耶先生と私が、石井苗子さんの参議院会館の事務所に伺って収録しました。

 

さて、石井苗子さんといえば、多くの人にとっては、”女優”というイメージが強いと思います。

 

しかし、実は女優だけでなく、キャスター・看護師・カウンセラー・大学の教員・参議院議員と、非常に活動の幅が広く把握が難しい方です。

 

こんな肩書きって、どういう人生を送ったら獲得できるのか気になったので、私は勇気を出して石井苗子さんに・・・!?

 

「石井さんのプロフィールを拝見すると、複数のプロフィールが混ざってしまった感じですが何が起きたんですか?」

 

と、質問した所からラジオを始めました。




 

石井苗子さんの謎すぎるプロフィール

まず、石井苗子さんがラジオのゲストに決まった時、私はとっさに「知っている人が来る」という感覚を持ってしまいました。

 

それは、みなさんの多くと同じように、女優・タレントとしての石井苗子さんの活動を、すぐに幾つか思い出したからです。

 

特に、私は学生時代に本当によく映画を見ていたので、伊丹十三監督の「あげまん」に出ていた人だという印象が強かったです。

 

しかし、収録のしばらく前に送られてきた台本に目をやると、こんなプロフィールが目に飛び込んできたんです。

 

ワシントン州シアトル近郊の教会牧師宅に住み込みボランティア活動をしながらワシントン州立大学で学ぶ。

帰国後、上智大学に編入。卒業後、水産庁の外郭団体に在籍し、日米漁業交渉団の同時通訳として働く。

その後、女優、キャスターとしても数多くの番組に出演。

東京大学大学院で博士号を取得し、現在、東京大学医学部 客員研究員に。

ヘルスケアカウンセラーとしても活動し、今年、参議院議員通常選挙において、おおさか維新の会所属で初当選しました。

 

冒頭で書いたように、とても、一人の人物のプロフィールに思えませんよね?

 

私には女優、医療関係者、公務員のエリートという3人の人生が、ごちゃまぜになってしまった印象すら受けました。

 

そして、どうして、こういう人生を送られてきたのか、収録で本人に聞くまで、皆目見当もつかなかったのです。




 

石井苗子さんの謎でなかったプロフィール

ラジオでは2回(約2時間)に渡って、石井苗子さんスペシャルを放送しました。

 

だから、もちろん、このブログでは抜粋だけになりますが、石井苗子さんの生き方のエッセンスをお伝えします。

 

実は、石井苗子さんの人生って、家族・お金という二つのキーワードで見ると、とても1本通っていたんです。

 

まず、10代の頃に、なぜアメリカで住み込みでボランティア活動をしていたのかというと、家族に体の弱い妹さんがいた事が大きかったそうです。

 

だから、ご両親の手がかからないように、かつ、石井苗子さんの人生が良い方向に進むようにとアメリカで生活する事になったそうです。

 

その後、大学を卒業して、水産庁で働く事になったものの、芸能界で働くようになったきっかけは、お金が原因だそうです。

 

何と、体の弱い妹さんの面倒を見ていたご両親が、立て続けになくなってしまったそうで、石井さんが妹さんを支える必要がありました。

 

だから、少しでも稼げる仕事という事で、語学力を活かして、キャスター業に進出したそうです。

 

その後、そもそもの好奇心旺盛な性格や、お金が必要だった事から、様々な事にチャレンジしていたったという人生だそうです。

 

そして、ライフワークにしている看護やカウンセリング関連の集大成として、現在、参議院議員になられたみたいです。

 

石井苗子・公式ホームページ

 

そうやって聞くと、謎が解けた気がしますよね。

 

 

石井苗子さんの印象に残った言葉

こうやって、色々な事にチャレンジしている石井さんに、同じく、いろいろな事をやるのが好きな私が、とっても気になってしまった事を聞いてみました。

 

それは、「色々な事にチャレンジしてきた人生ですけど、何か1つに絞ったほうが良かったと思った事はなかったですか?」という質問です。

 

実は、私は時々、こんなに色々な事をやっていて、将来後悔するのではないかと不安になる時があるんです。

 

しかし、石井さんは「後悔は無いし、いろいろやって良かった」と、即答されてました。

 

それを聞いて、私は「なるほど!」と思いました。

 

やっぱり、自分のアンテナを信じて、目の前にある事に没頭している人は人生に後悔が無いんですね。

 

世間的に○○すべきだからとか、もう、この会社に入ってしまったからとか、自分の心ではなく、別の理屈で人生を決めてきた人は、多かれ少なかれ後悔があるような印象があります。

 

なので、今回、石井さんのお話を聞いて、私も今まで通り、やりたいように、いろんな事にチャレンジしようと強く思いました。

 

 

ラジオについて

湘南ナパサというラジオ局で、毎週土曜日の午後7時から1時間放送されている、「麻耶のハッピーサタデー」という番組では・・・!?

 

こんな感じで、ちょっと面白くてタメになるような話を、メインパーソナリティーの歌舞伎町の母こと、占い師の麻耶先生の占いを交えて紹介しています。

 

湘南地域にお住いでなくても、ナパサのホームページからも放送は聞けますので、お時間ありましたら放送を是非聞いてみてください!

 

湘南ナパサHP

 

今後も、様々な面白いゲストにお話を聞いていく予定です。




 

まとめ

参議院会館の石井苗子さんの事務所で、石井をゲストに「麻耶のハッピーサタデー」の収録を行った。

 

実は、石井苗子さんは、プロフィールが独特で、女優、医療関係者、公務員という、3人の人生を混ぜたような感じ。

 

なので、どうしてそうなったのかという話を聞いたら、とても奥が深く、家族、お金に苦労してきた結果だった。

 

また、いろいろな事に挑戦してきた事に後悔は無いのかという質問に、石井さんは「ない」と即答。

 

石井議員ほどえはないけど、色々な事にチャレンジしている私は、それを聞いて、とても心強い気持ちになった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - ライフスタイル