文章を書くのが好きなのに、ブログから離れてしまっていた理由が分かった

 
文章の書き方

最近、ブログに復活するする詐欺のような事を、このブログの記事上で繰り返していました。それで、何で私がブログを書く事から、ついつい、離脱してしまうのか真剣に考えたんです。

数ヶ月前までは、私がブログから離れがちな理由として、ダイヤモンド・オンラインの連載や、本の執筆が忙しかったからと言っていました。

しかし、現在は、一休みしている所なので、ブログを書く時間なんぞ、たっぷりあるわけです。それなのに、ブログに筆が向かないのです。

じゃあ、私は外部メディアや、本の執筆で、アイデアが枯渇してしまったのでしょうか?

そんな事も無いと思います。今は、ワークショップなどを精力的にやっており、ブログの記事に適したインプットを大量にしています。それなのに、ブログを書く気力が沸かない理由は何なのでしょうか?

私は悩みに悩んだのですが、ある結論に達しました。それは、私は『文章を書く』という事しか、好きじゃないのです。しかし、ブログを書くという行為は、意外と、文章以外の作業にも追われがちです。

例えば、サムネイルを作る、それをアップロードする。あるいは、小見出しを考えたり、文章中に挿絵的な画像を差し込んだり。凝ろうと思えば、文章以外の部分で、物凄く凝ることが可能です。

以前の私は、文章以外の部分も、割と凝っていたつもりです。例えば、会話のネタに困らない!タモリ式会話術を身につけようの記事などは、いちいち、猿の画像をタモリさんと、寛平さんっぽく加工したりしていました。

でも、そういう絵だとか、画像だとかを編集する、そういう作業って、私、大嫌いなんです。正確に言うと、嫌いというより、面白さがイマイチ分からないって感じですかね。だから、物凄く、苦痛な作業でもあったんです。

あと、私は長文で物事を説明するのが好きなのですが、地味に『タイトル作り』のような、短いコピーのような短文を考える作業が苦手で、あまり興味が湧きません。だから、ブログはタイトル命なんて言われますから、それでも私のテンションが下がってしまうわけですね。

一方、外部の連載は、どうでしょう?文章さえ作れば、サムネイルから、何から何まで、外部のスタッフがやってくれます。だから、気持ちよく、寄稿を続けられていたんです。

それで、私は対策を考えました!

当分、このブログに、サムネイル以外の画像は登場しません。また、文章の改行やフォントに凝ったりもしません。ただ、ひたすら、文章を書くという行為を続けてみようと思っています。

もし、これで本当に私の中にブログ熱が返ってくれば、私の仮説が正しかったという事になりますから、私自身、興味津々です。

しかし!

ブログの将来を考えた時、タイトルに凝るとか、合う画像を挿入するというのは、かなり重要な作業ではありませんか!!!

そんな時、ZOZOTOWNの前澤友作社長の、こんなつぶやきを目にしました。

これを見て、これだ!っと私は思いました。

たぶん、私と同じように、文章なら書けるけど、他のブログ的作業が大嫌いな人って大勢いるはずですから、そういう人を助けるサービスを作れば良いと思ったのです。

何もリサーチをした訳ではありません。単なる直感ですが、弁護士さんなど、本業の収入がきちんとあり、かつ、文章に慣れている人は、私と同じで、タイトルを考えたり、画像を挿入したりが、めんどくさくてブログが続かないと思っている人が多くいると思うのです。

というわけで、近い将来、自分のためにも『ブロガー事務所』を始めたいと思いました。

割と、やるやる詐欺になりがちな私ですが、今回は、ちょっと違うかもしれません。なぜなら、まだ、御本人にブログで書いて良いか聞いてないので、今回はお名前を出せませんが、ブログ界の大物が『ブロガー事務所』に興味を持っています。おそらく、その方は、私とは違う、スケールの大きい視点で物事を見ていると思います。

ですから、その方、あるいは、その方の周辺の方々を巻き込んだりすれば、面白いブロガー向けのサービスが構築出来るんじゃないかと思っている今日このごろです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -