ダイヤモンド社で『また会いたいと思われる人になる』インプロセミナーを行いました

 
ダイヤモンドセミナー

2018年6月27日、ダイヤモンド社9階セミナールームにて、『あらゆるシーンに一瞬で対応できて会話が続き、「また会いたい」と思わせるノウハウを学ぼう!』というセミナーを行いました。

このセミナーは、5月にダイヤモンド社から出版した『1秒で気のきいた一言が出るハリウッド流すごい会話術』の創刊記念著者セミナーです。ダイヤモンド社愛読者クラブの方々を中心に、100名近い方々に参加していただきました。

『ハリウッド流』である理由は、インプロが使われているから!

さて、私の本のタイトルに、なぜ『ハリウッド流』とあるのかという説明を先にします。その理由は、ハリウッド関係者などが多く学ぶ、インプロという即興トークのメソッドに基づいた書かれた会話本だからです。

では、なぜ、日本で働いている放送作家の私が、インプロというメソッドに基づいた本を書いたのでしょうか?

このブログのホームページにも詳しく書いていますが、私は20歳前後まで、自分の思いをうまく表現出来ずにいて、時々、大爆発を起こす危険人物でした。その状態を変えるキッカケとなったのがインプロなんです。

高校を卒業後にアメリカに留学し、そこでインプロに出会って人生が大きく変わりました。とても、インプロには感謝していますので、私と同じ様な悩みを持つ人など、多くの人にインプロを広めたいと思って活動しています。

ダイヤモンド社インプロセミナー(振り返り)

今回のダイヤモンド社でのセミナーでは、そんなインプロメソッドの一部を使って、『「また会いたい」と思わせるノウハウ』について主に語りました。

このメソッドの一番コアな部分を簡単に文章で表すなら、『自分の心に正直な発言をする』という事になります。なぜなら、人は他人との会話に置いて、相手の発する独自の意見にしか興味を持てません。

実は、多くの人が社交辞令を言いたがりますが、よっぽどの社交辞令の達人でもない限り、『あの人の社交辞令をまた聞きたい!』とはならないのです。

でも、どうやったら、自分に正直な発言ができるようになるのか?

そこが、一番、難しいですよね。やはり、セミナー参加者の方々も、その疑問に対して、それぞれ違う悩み・疑問を持っていたようです。ですから、このセミナーでは『生徒の質問に答える』という形式で進めていきました。

一般的なセミナーでは、参加者の質問のための時間は、一番最後に設けられると思います。しかし、私は、最初に参加者方々が聞きたい質問を募集しました。そのうえで、その質問の答えも必ず挟みながら、セミナーを進めていきました。

ダイヤモンド社インプロセミナーでもゲームは登場

さて、このブログや、私の本を読んでくださった事がある人は分かると思いますが、私の扱うインプロというメソッドでは、ゲームをする事で即興力を身に付けていきます。

その理由は、ゲームで会話の模擬体験をする事で、自分の欠点を洗い出す事が出来るからです。また、ゲームの場合は失敗しても、本人が傷つかずに継続して行うことが出来るからです。

分かりやすく書いたつもりですが、やはり、ゲームの感覚についてなどは、実際に見ていただかないと伝わりにくい部分もあるかもしれませんね。

私のワークショップや講演では、毎回、必ずインプロのコミュニケーションゲームを紹介しています。本やブログで私の紹介したゲームを知ったものの、実際に、どうやるのか気になる人は、ぜひ、私に直接、会いに来て下さい!

セミナー・ワークショップ講師などのお仕事募集しています!

というわけで、私は今後も、講演・ワークショップに力を入れていく予定です。

セミナー・ワークショップ・講演など、どの業界の方からでも、喜んでお引き受けいたしますので、以下のリンクより、いつでもお気軽にお問い合わせください。

渡辺龍太へのワークショップ講師・講演などの依頼はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -