池袋天狼院書店で初対面の人と打ち解けるための、ハリウッド流インプロワークショップを行いました

 
天狼院インプロワークショップ

天狼院書店にて、『ハリウッド流のインプロで「即興の会話術」を身につけるワークショップ!《初参加大歓迎!》』という、インプロワークショップを行ってきました。

今回の講座の特にフォーカスしたポイントがありました。それは、『初対面の人と打ち解ける』です。私は、Twitterに、こんな感じに授業内容を予告しました。

ですから、参加者の方の中には、最初、とっても緊張しているような人もいました。でも、大丈夫です!私の『ハリウッド流』のインプロ講座ですから(笑)

なぜ、そんな事を断言できるのかというと、緊張する人というのは、必ず自分の中に深い思考を持っているからです。そして、その深い思考を人前で開放するだけで、かならず、相手と初対面だろうと、饒舌に話す事が可能だからです。

実は、自分の独自の思考を持っている人は、他人に自分がどう見えるかが、非常に気になってしまいます。だから、本来の自分が出せずに、緊張して、初対面の人と打ち解けるのに対して、苦手意識を持ってしまうことになるのです。

一方、自分の中に何の考えもない人は、それはそれで、他人の目が気になりません。例えば、小さな子供なんかは、自分の体について深い事を考えていません。だから、誰か家にお客さんが来ていると、逆に、風呂上がりに裸のまま、家の中をはしゃいで走り回ったりしてしまうんです。

これでお分かりですね!

もし、あなたが『初対面の人と話すって嫌だな!』と思ったら、その時点で、初対面で誰かと面白い会話が出来る人になれる可能性は、ほぼ100%なのです。

だからって、初対面の人と話す事に抵抗が無い人が、面白い話しが出来ない可能性が高いわけではありませんので、勘違いしないでくださいね。

天狼院書店インプロワークショップの内容(簡単な振り返り)

今回のワークショップも、もちろん、ゲームを中心にすすめていきました。

なぜ、コミュニケーションを学ぶのにゲームが適しているのかというと、『ゲームをやっている』という気分になるだけで、人は失敗しても良いような気分になるからです。

例えば、『模擬会話をやってみましょう!』と言われて、自分だけが、周りと比べて、圧倒的に話しが下手だったらどうでしょう?話し方を教えている私ですら、何か、傷つくような感覚を持つはずです。

しかし、『コミュニケーションゲームをやりましょう!』と言われて、それが下手だったらどうでしょう?多くの人が、『え?もう一回やってみる!』とか、『コツは何なんですか?』と、ポジティブにいかに上達するか方向に思考を広げていくのです。

可能であれば、ブログでもゲームの内容を紹介したいのですが、なんせ、『会話ゲーム』です。ですから、それを文字で伝えるのは非常に難しいです。ですから、そこは宣伝文句の様な言いようですが、一度、ワークショップに参加してみてください。

ワークショップ参加者の感想

今回、参加してくれた方々は、意外だったのですが、大学生から、ダンディーな方まで、主に男性でした。

最初は、緊張気味な方もいましたが、講座の最後には、全員が自分のオリジナルの思考を周りに披露する事で、誰かを笑わせるようになれていました。特に、コントの様なゲームもやったのですが、はっきり言って、その辺の芸人さんより、よっぽど面白くなっていました!

※インプロメソッドで即興コントをすると、噓ではなく、本当に誰でも面白くなり、笑いを取る事が出来ます!

そんなわけで、評判は、自分で言うのもアレですが、もの凄く良かったです!

ワークショップ終了後、私のSNSのアカウントや、メールアドレスを教えた所、参加してくださった方の何人もが、また参加したいですとのメッセージをくれました。

『ワークショップでは、主に3つのゲームを中心に掘り下げましたが、本には、もっとゲームが紹介されてますね。他にも、やってみたいです。』

『職場で実際に使おうと思って、本も読んでいました。実際にそれをワークショップでやってみて、やり方がよく分かりました。』

『人前で何かを話し、それに対して誰かが笑ってくれるという経験をすると、コミュニケーションに自信が出てきます。また、あれば参加したいです。』

と、そんな感じのメッセージを多くいただきました。

※生徒の方のメッセージを、私のSNSに貼り付ける訳にはいかないと思って、やや意訳で紹介しています。生声が知りたい方は、私のTwitterのリツイートなどを御覧ください。

また、天狼院書店の方とも、また、是非、一緒にワークショップをやりましょうという話になりまして、これからも発展していく感じになってます。

セミナー・ワークショップ講師などのお仕事募集しています!

というわけで、私の本業は放送作家ですが、今回紹介した記事のように、インプロのワークショップ・講演などにも非常に力を入れています。

ですから、セミナー・ワークショップ・講演など、どの業界の方からでも、喜んでお引き受けいたしますので、以下のリンクより、いつでもお気軽にお問い合わせください。

渡辺龍太へのワークショップ講師・講演などの依頼はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -