2019/06/24

凄腕編集者!柿内芳文さんのイベントで感じた居場所論

 
柿内芳文

放送作家、即興力養成講師として、去年から、大手出版社で本を書き始めました。

ありがたい事に、すでに出版した2冊の本は、いずれも3〜4刷となり、好評を博しています。

でも、それがベストセラーと胸を張って言えるのかというと、そうとは思えません。

今、出版業界では、1万部も売れればベストセラーと考える人もいるようですが、やはり、10万部ぐらい売れないと、そうは思えない私がいます。

ですから、伝えたいメッセージを、どうやったら、多くの人に伝えられるのかと、日々、悶々としているわけです。

そんな中、サムネイル画像にある、柿内芳文さんのイベントが目に止まりました。

柿内芳文とは何者?凄腕編集者!?

柿内芳文さんは、超凄腕編集者です。

柿内さんの作った本のタイトルを、一度も聞いた事がないという人は、あんまりいないと思うレベルです。

例として5冊あげましたが、柿内さんが編集したとは知らず、全部、読んでいました。

特に、今、私の専門である、インプロという即興コミュニケーションを使った居場所づくりの本を書いています。

その中で、『嫌われる勇気』と『君はどう生きるか』は、かなり参考になると意識していたので、同じ編集者が作っていたとは!?と仰天しました。

ですので、何か、きっと、私の作家人生を、明るい方向へ導いてくれる事が聞けるに違いないと、イベントに参加する事にしました。

柿内芳文さんの仕事論に居場所論を感じた

私は居場所がないと人が感じるのは、『どんな行動をすれば良いのか分からない状態』に陥った時と定義しています。

つまり、裏を返せば、ビジネスマンとして優秀な人は、常に、自分が何をすべきかが明確であって、居場所があるという事です。

凄腕編集者の柿内さんの話を聞いていたら、やはり、編集者として、どうすれば良いのかを明確に定義していらっしゃいました。

セミナーの中身を明かすのはご法度でしょうから、細かく書けないのが残念ですが、柿内さんは編集者の仕事の教科書のようなマニュアルを、ご自身の中に持っている印象を受けました。

テレビや出版業界の仕事って、あまり誰かが教えてくれるという事もなく、先輩の仕事を見たりした事を、フワッとなぞり、自分なりにアレンジしていく人が多いと思います。

そして、仕事の出来る人は、自分なりの仕事の進め方を確立していて、そうでない人は、ずっとフワフワしている印象です。

今回、柿内さんのお話を聞いて、どうやって、自分の仕事を定義し、やる事を明確にするのかが分かった気がしました。

お金を払って、お話を聞いた価値がありました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -