プロテインドリンクが最高!40gのでもアマゾンで激安で買える

   

筋トレアイキャッチ

The following two tabs change content below.
渡辺龍太

渡辺龍太

放送作家
トランプ・ウォッチャーな放送作家。10年前にトランプの講演を生で聴いてからトランプに注目。普段は情報番組の企画・構成や、ナレーション作りが得意。最近、著書がAmazonのベストセラーランキング1位になって、少し調子に乗っている。詳しいプロフはこちら!

シェーカーに入れたプロテインをジムに持って行き、トレーニング中に飲んだりする事に、いちいちツッコミを入れてくる人はいませんでね。

プロテインとシェーカー

 

でも、ちょっと健康やダイエットのためと思って職場などで、プロテインの粉が入ったシェーカーを取り出したらどうでしょう・・・?

 

私のようなガリガリの30代男性が急にプロテインなんか飲んでいたら、20代の女性などに急に注目されて、こんな事を言われるでしょう。

 

超ウケる子さん
会社にプロテイン!?
マッチョ目指してるんですか〜?(爆笑)

 

こうやって、必要以上に注目してくる人がいるt、プロテインを飲みたくても、ためらっちゃいませんか?

 

でも、最近、そんな恥ずかしがり屋の私にとって、何種類もあるのですが、例えば、こんな感じの救世主のプロテインを発見したんです。

 

DNS プロエックス マンゴー風味 350ml×24本

 

こんなデザインの350mlのペットボトルを会社で飲んでいたとしても、周りの人は・・・・!?

 

超ウケる子さん
お疲れ様です〜!

 

って、プロテインとは気づかずに、これぐらいで開放してくれますよね(笑)

 

というわけで、今日はアマゾンで簡単に買えるプロテインドリンクを、濃度の薄い順に紹介していきます。




 

プロテインドリンク タンパク質10g

まずは、タンパク質10gが摂取できるプロテインドリンクを紹介します。

 

このプロテインドリンクは、なかなか売れているだけあると納得させられる内容です。

 

私の個人的な採点では、こんな結果です

味 ★3  コスパ ★4 量 ★5

 

一本あたり約160円という低コストと、200mlしかないというのがポイントが高いと思いました。

 

毎日、朝ごはんの後に飲もうと思っても、500mlとかの量があると飲んでられませんよね。

 

でも、缶コーヒーぐらいのサイズなので、飲みきるのが簡単です。

 

ちなみに、タンパク質10gってバカにしてはいけません!

 

食品に直すと・・・!?

さんま

 

さんまを一匹食べたのと同じぐらいの、タンパク質の量になるんです。

 

なので、朝の忙しい時に、トーストだけで済ましてしまっている時などに、このザバスのプロテインドリンクを飲むと栄養補給がバッチリなわけです。

 

みんな、野菜不足の栄養補助ドリンクは飲むわりに、タンパク質系は軽視していますよね(笑)

 

 

プロテインドリンク タンパク質20g

次に、タンパク質20gが取れる、プロテインドリンクを紹介します。

 

私が味やコスパで気に入っているのが、これです。

 

このプロテインドリンクは、以前書いた、冷え性改善にはタンパク質!グルテンフリーで医者に注意された事という記事でも紹介したくらいお気に入りです。

 

このプロテインドリンクの採点は、こんな感じです。

 

味 ★4  コスパ ★5 量 ★4

 

値段は1パック200円以下と、先ほど紹介したザバスのプロテインドリンクと変わりません。

 

でも、飲む量は300mlですが、タンパク質が倍の20gとれるので、とてもコスパが良い様に感じています。

 

また、先ほどのはグレープフルーツ味で、どこか薬っぽい感じもしなくもありません。

 

しかし、この飲み物はヨーグルトっぽい味で、私には飲みやすく感じました。

 

ちなみに、タンパク質20gというと・・・!?

たまご

 

およそ、たまご3つ分のタンパク質の量になります。

 

一日に、自分の体重が60kgなら、60mgのタンパク質が必要らしいので、これぐらいタンパク質が取れると、他の食べ物も食べているので安心ですよね。




 

プロテインドリンク タンパク質30g

次に紹介する、タンパク質が30gとれるプロテインドリンクは、冒頭に紹介したやつです。

 

 

このプロテインドリンクも、分量が少ないわりには、大量のタンパク質が摂取できます。

 

ですが、一本あたり400円近くかかるので、コスパ的にお得な感じはしません。

 

味 ★4  コスパ ★2 量 ★5

 

鍛えていて、タンパク質を積極的に摂取したいなら、一つ前に紹介したバルクスポーツのプロテインドリンク(20g)を一日2回摂取したほうが良いのではないでしょうか。

 

予算も同じですし、タンパク質も10g多く取る事ができます。

 

さらに、2回に分けて飲んだほうが、体のタンパク質の摂取率も高くなるはずです。

 

ちなみに、タンパク質30gというのは、普通の食べ物に換算すると・・・!?

ステーキ

 

150gのステーキを食べたぐらいのタンパク質の量になります!

 

まあ、150gのステーキを外食すると、400円では食べれなそうなので、お得といえば、お得という見方も出来るかもしれませんね。

 

 

プロテインドリンク タンパク質40g

最後に、アマゾンで買う事ができる、最強のプロテインドリンクを紹介します。

 

1本あたり、430円しますが、この飲み物は40gのプロテインが摂取できます。

 

私の採点は、こんな感じです。

 

味 ★3 コスパ ★2  量 ★3

 

飲み物を大量に飲める人は、500mlでも良いかもしれません。

 

でも、私のようなガリガリで、飲み物を飲むという事自体が苦手な人にとっては、500mlという量は多すぎるように思えました。

 

なので、一気に40gのプロテインを撮りたいのでなければ、300ml×2回となってしまいますが、バルクスポーツのプロテインを飲んだほうが、予算も変わらず飲みやすいかなと思っています。

 

とはいえ、ジムで激しく汗を書いて、体を大きくしたくて、飲み物を毎回、たっぷり飲む人には、これが最強なのかもしれませんね。

 

さて、毎回恒例の、タンパク質40gという食品は何かと言うと・・・!?

牛丼

 

松屋の特盛り牛丼+卵をたべて、ようやく40gという感じです。

 

松屋の特盛りなんかを、毎日食べていたら、油や炭水化物がとんでもない量になってしまいますよね。

 

(そもそも、そんなに食べれない人もいるでしょうし。)

 

そういう事を考えると、プロテインドリンクって便利ですよね!

 

というわけで、今回は、最近、私が凝っているプロテインドリンクについて扱ってみました。

 

少なくとも、どれも味に関しては私が『これならイケル!』と試したオススメの物ですので、そこは安心して試してみてください。




 

まとめ

プロテインといえば、粉をシェーカーで溶かして飲むタイプが一般的。

 

しかし、それを飲む姿は、周りから見ると、ちょっと仰々しかったりもする。

 

私が最近気づいたのは、ペットボトルやパックに入った、プロテインドリンクを飲んでいれば目立たないということ。

 

なので、今回は10g〜40gまで、様々な量のタンパク質が取れる、プロテインドリンクを紹介した。

 

 

そういう事を考えると、外で安心して飲めるのは、すでにプロテインが液体として溶けているタイプ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - ライフスタイル ,