インプロワークショップで、会話の上手な返し方を扱いました

   

会話の上手な返し方アイキャッチ

The following two tabs change content below.
渡辺龍太

渡辺龍太

放送作家
トランプ・ウォッチャーな放送作家。10年前にトランプの講演を生で聴いてからトランプに注目。普段は情報番組の企画・構成や、ナレーション作りが得意。最近、著書がAmazonのベストセラーランキング1位になって、少し調子に乗っている。詳しいプロフはこちら!

9月12日(土曜日)に、浅井企画メディアスクールで、第二回目の無料インプロワークショップの講師を務めてきました。

 

第二回ワークショップ

 

今回、私が思っていたワークショップのテーマは、『会話の上手な返し方』をしっかりと考えるという事でした。

 

特に、今回は「簡単なあいづちは避ける!」というのに力を入れました。

 

という事で、今回のブログには、前回のワークショップでやった、会話の上手な返し方のコツについて書きたいと思います。

 

※インプロについて知らない方は、こちらの記事をどうぞ!




 

『会話の上手な返し方』インプロワークショップ編

今回も、2人づつ前に出てきてもらい、インプロ(即興)で盛り上がる会話をしてもらいました。

2人組インプロ

 

そこで、今回、私が口を酸っぱく皆さんに言っていたのが・・・!?

 

「うん。」とか「そーなんですか。」という感じの、あいづちは極力使わないようにするという事です。

 

その理由は単純で、そういった「あいづち」には、会話としての情報が全く入っていないのです。

 

強いて言うなら、「話を聞いてるよ!」という意思表示があるだけなんです。

 

これでは、相手に会話に対してアイデア・見解・情報などを求めすぎる形になってしまい、会話は詰まってしまう可能性が非常に高いのです。

 

 

インプロワークショップのお約束!「相槌は避ける」

このブログでは何回も書いていますが、会話というのは情報のキャッチボールです。

スクリーンショット 2016-06-08 20.58.12

 

なので、相手から情報(アイデア)を得たら、それに自分なりの情報を加えて、相手に返す必要があるんです。

 

でも、日常会話だと、一方的に相手に情報を投げかけてしまうなど、一方のバランスが崩れてしまうことがあります。

 

そうなると、会話は、全く盛り上がらなくなってしまうんです。




 

「あいづち」をインプロワークショップで徹底比較

という事で、今回のワークショップでは、「あいづち」をシンプルにしすぎないという事を意識して、いろいろ会話をやってもらいました。

 

例えば、相手に一方的に情報を求めている、こんな会話は盛り上がりません。

 

上司・ジマオさん
あー、腰が痛い。
平社員・ヒラオさん
大変ですね。
上司・ジマオさん
まあ、激しく動かないようにすれば治ると思う。
平社員・ヒラオさん
そーなんですか。
上司・ジマオさん
まあねぇ・・・。

 

この会話は、平社員のヒラオさんは、上司に対して、自分の見解・情報・アイデアを全く話していません。

 

これでは、上司・ジマオが一方的に情報を投げるという形になってしまい、会話がキャッチボールになっていません。

 

そうなると、会話は詰まってしまいます。

 

でも、もしヒラオさんが上司に興味を持って、自分のアイデアを加えて相手に質問を投げかけたらどうでしょう?

 

上司・ジマオさん
あー、腰が痛い。
平社員・ヒラオさん
最近、重いものでも持ったんですか?
上司・ジマオさん
そう!昨日、家の家具を変えた時に腰やっちゃって。
平社員・ヒラオさん
今週末、ゴルフって言ってたじゃないですか!大丈夫なんですか?
上司・ジマオさん
それがさ、マジで今回はヤバくてさ!!!

 

こっちの方が、二人の会話が圧倒的に盛り上がっている感じがしますよね。

 

インプロワークショップでも、こんな感じで、どういう相槌が、相手の会話を引き出して盛り上げられるのか徹底的にやりました。

 

 

インプロワークショップだけでは足りない反復

さて、インプロを教えている講師にも、色々な考え方があるでしょうが・・・!?

 

私は、1つの事を何回も繰り返して、マスターしたら次に移るという事が、一番効果的な様に感じます。

 

だから、この無料インプロワークショップでは、極力、毎週、似た様な事をやりたいと思っています。

ワークショップ風景

 

しかし、それだけでは、盛り上がる会話力をつけるのに、練習量が不足してしまうように思います。

 

では、ワークショップの参加者に、ブログの読者にインプロを自主的にやった方が良いとか、そんな事は一切言いません。

 

やって欲しい事は、たった1つです!

 

日常会話でも、めんどくさくても、「あいづち」で軽く会話を流すのを止めてみましょう。

 

ワークショップの様な場所で、自分の欠点を見つけてもらい、実際の生活の中で脳を鍛えるというのが非常に効果的なんです。

 

脳イラスト

 

こういう脳を鍛えるというのは、不思議なもので、鍛えている時は難しいと感じますが、マスターすると無意識でできるようになるのです。

 

というわけで、このブログにたどり着いた人、あるいはワークショップに興味のある人も、とりあえずアイデアの無い「あいづち」を止めて、何かしらの受け答えをしてみましょう。

 

そうすると、必ず会話は盛り上がるはずです。




 

まとめ

第二回、浅井企画メディアスクールのワークショップ講師を務めてきた。

 

今回やったのは、『会話の上手な返し方』

 

そして、ワークショップの参加者には、特にアイデアの無い『あいづち』を決してしないという事を強調した。

 

どうして、アイデアの無い相槌をするべきでは無いかというと、会話がキャッチボールにならなくなってしまうから。

 

会話とは、お互いがアイデアを共に出し合って、初めて成立して、深い話に広がっていく。

 

にもかかわらず、一方が、『そうなんだ。』という『今、聞いています。』という以上の情報を持た無い、あいづちを連発すると、必ず会話は行き詰ってしまう。

 

そして、こういう事を鍛えたかったら、ワークショップをきっかけに、日常の生活でも、めんどうと感じたとしても内容の無い『あいづち』を避けていくべきである。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - ゲームで慣れる , ,