インプロワークショップで、『魅力的な人の条件』を扱いました

      2016/09/27

インプロワークショップアイキャッチ

The following two tabs change content below.
渡辺龍太

渡辺龍太

放送作家
トランプ・ウォッチャーな放送作家。10年前にトランプの講演を生で聴いてからトランプに注目。普段は情報番組の企画・構成や、ナレーション作りが得意。最近、著書がAmazonのベストセラーランキング1位になって、少し調子に乗っている。詳しいプロフはこちら!

9月24日(土曜日)の午後6時半から、今週も浅井企画メディアスクールでインプロワークショップ(即興力を付ける講座)の講師をしてきました。

インプロワークショップ講師

 

今週のインプロワークショップは、『魅力的な人の条件』というのをテーマにしてみました。

 

という事で、今回のブログでは『魅力的な人の条件』、『他人に魅力的と思わせる方法』をお伝えしたいと思います。

 

※インプロについて知らない方は、こちらの記事をどうぞ!




 

『魅力的な人の条件』インプロワークショップ編

今回のワークショップでも、主に2人づつ前に出てきてもらい、インプロ(即興)で色々な会話をシミュレーションしました。

シミュレーション

 

そして、今回のテーマである『魅力的な人の条件』というのを理解するために、『相手の興味のある事を掘り下げる』という事に徹してもらいました。

 

日常会話で初対面の人に会う時や、インプロワークショップでの会話の趣味レーションでも同じなんですが・・・!?

 

多くの人は相手に、『自分の特別な好みの種類がどれだけあるか』という情報しか伝えないパターンが多いと感じます。

 

でも、それだと全然、相手の魅力って分からないんです。

 

他人から見た時に、魅力的な人に見える条件としては、『好みが生まれた動機』を、どうしても知る必要があるのです。

 

 

魅力的な人に見える条件は、好みの動機が明確な事
in インプロワークショップ

ちょっと、抽象的な言い回しが多かったですから、よく分からない感じもしますね。

 

なので、ここでインプロワークショップでもあげた、簡単な例をあげてみます。

 

上司・ジマオさん
俺、ヨーグルトが大好きなんだよ。
平社員・ヒラオさん
そうなんですか!イチゴが好きなのは知ってましたけど、意外ですね。
上司・ジマオさん
イチゴも大好き!毎朝食べてる。
平社員・ヒラオさん
僕は、バナナ派なんですよ。
上司・ジマオさん
バナナも良いよね!それも、けっこう食べる。

 

この二人の会話から通じて分かる、『上司・ジマオ』の好みは何かと言うと・・・!?

 

■ジマオという人物の情報

ヨーグルト イチゴ バナナが好き

 

という、情報だけです。

 

一方、こんな会話はどうでしょう?

 

上司・ジマオさん
俺、ヨーグルトが大好きなんだよ。
平社員・ヒラオさん
そうなんですか!体に良いですからね。
上司・ジマオさん
健康とか関係なくて、味が好きなんだよね。飲むヨーグルトとか、1日2〜3本飲んじゃう感じ。
平社員・ヒラオさん
そんなに飲んじゃダメですよ!いっぱい砂糖も入ってるし、健康に悪いですよ。
上司・ジマオさん
そんなの、気にしなくて良いんだよ。好きなものを、好きなように食べて、病気になったらなったで、その時はその時!

 

■ジマオという人物の情報

・自分の好きな事・物には、こだわりがある

・自分の好きな事・物のためには、多少のリスクもいとわない

 

この二つを並べてみると、一目瞭然ですね。

 

上の会話だと、『食べ物の好み』という情報しかやりとりしていません。

 

でも、下の会話は『ヨーグルト』を通じて、ジマオという人物の思考法などが語られています。

 

下の会話を読んだ方が、明らかにジマオがどういう人物なのかがわかり、キャラに魅力を感じますよね。

 

つまり、相手から『魅力的な人だと思われる条件』というのは、その人物の思考法の様な内面が伝わらないとダメなのです。




 

魅力的な人に見える条件を伝えるトレーニング
インプロワークショップ編

日々、魅力的な人になろうと努力している人も、大勢いると思います。

 

そういう人は、色んな事を学んだり、様々な活動をしてみたりと、様々な試行錯誤をしていると思います。

 

でも、実際、初対面の人と会った時、そういう普段の色々な活動についての話をした時に・・・!?

 

『へー、色々やってんだねー。』と、相手から、ちょっと冷めた感じのリアクションをされる事ってありませんか?

 

その原因は、『ヨーグルト、イチゴ、バナナ』が好きだという程度の情報しか、相手に伝わっていなかったという事です。

ヨーグルト

 

という事で、今回のインプロワークショップでは、『自分の思考法』を相手につ会える事、『相手の思考法』を引き出す事に力を割いてもらいました。

 

そういうと、ちょっと複雑な事をしている感じがしますが、実に簡単な事をするだけです。

 

相手の魅力を引き出したい時は、『WHY?(どうして?)』を多用する事。

 

そして、自分の魅力を語りたい時は、『実は〜。』を多用するという事だけです。

 

実際、インプロワークショップで、この二つを意識してもらって会話の趣味レーションをしてもらうだけで・・・!?

どうしての多用

 

かなりお互いが、どういう人物かが周りに伝わってきました。

 

やはり、周りから『魅力的な人と思われる条件』というのは、その人の表面的な好みではなく、なぜ、その人には、そんな好みがあるのかという事を明確にする事なのです。

 

もし、このブログに来た方も、周りから魅力的な人と思われたかったら、ここに注意して日常生活でも会話をしてみてください。

 

※インプロワークショップの他の記事は、こちらから!




 

まとめ

9月24日に、浅井企画メディアスクールでインプロワークショップの講師を務めてきた。

 

今回やった内容は、どうやったら魅力的な人に見えるかというのを考える、『魅力的な人の条件』というのがテーマ。

 

一般的に、多くの人は自分について話す時や、他人を知ろうと何かを質問する時、好みを並列的に聞いてしまう。

 

だが、それでは表面的な情報しかわからない。

 

一方、その人に『なぜ、そんな好みがあるのか。』という理由を掘り下げると、その人の思考法などが見えて来る。

 

そこが相手に伝わると、人は魅力的に見える。

 

また、『魅力的な人の条件』を相手に伝える場合は、『実は・・・』という言葉を多用すると楽。

 

そして、『魅力的な人の条件』を相手から聞き出したい場合は、『どうして?』を多用すると楽に出来る。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - キャラ立ち, ゲームで慣れる, 会話・雑談UP , ,