姿勢と印象の関係を徹底比較!あなたはどの画像が一番好き?

   

姿勢と印象のイメージ

The following two tabs change content below.
渡辺龍太

渡辺龍太

放送作家
情報番組の企画・構成や、ナレーション作りが得意な放送作家。アメリカのインプロを取り入れ即興力UPの講座も行っている。最近、著書がAmazonのベストセラーランキング1位になって、少し調子に乗っている。アラブ系の物が好きなので、本気で流行らせたいと思っている。詳しいプロフはこちら!

仲良くなった人から、『最初は、ちょっと怖い人かと思ったけど、話してみると良い人だった。』とか、

 

本人が聞くと『どうして?』と思うような、印象を最初は持っていたと周りから言われた事はありませんか?

 

その原因って、実は体の姿勢が周りの印象を決めている確率が高いんです。

 

なので、今日は、どんな姿勢が、どんな印象を持つのかというのを、表情などの要素を抜き去った『シルエット画像』を使って徹底比較してみます。




 

『座った姿勢』と印象の関係

まずは、座った姿勢のシルエット画像を、いろいろと比較してみましょう!

 

 

正しい姿勢で座っている人の印象

背筋を伸ばした座り方

 

やはり、背筋をしっかり伸ばして、正しく座っている人に対しては、悪い印象を持つ人はいなそうですよね。

 

厳しいかもしれませんが、なるべく、こういう姿勢を保ちたいものです。

 

 

椅子に深く座った姿勢の印象

椅子に深く座る

 

こういう姿勢って、アメリカ人は割と好む感じがします。

 

しかも、日本人とは違い、アメリカでは周りも、こういった姿勢に対して何も思わないようです。

 

なので、私はアメリカ留学後、こういう姿勢をとりがちで、日本では怒られたりしました。

 

楽な姿勢なんですが、日本では印象が悪いようなので、やめておいた方が良さそうです。

 

 

股を大きく開いた姿勢の印象

またを大きく開く座り方

 

股を大きく開いた姿勢は、『よくいるオッサンの姿勢だな〜!』的な感じで、とくに気にならない感じもします。

 

でも、若い人が年上の前などでやると、『態度のでかいやつ』と、ちょっと目をつけられそうなイメージもありますよね。

 

40歳くらいになっている人なら、そんなに気にしなくれも良いかもしれませんが、それ以下の年齢の人は、あまりしない方がいいかもしれません。

 

 

頬杖をつく姿勢の印象

足を組んで肘をつく座り方

 

コントに出てくる、『社長の姿勢』って感じでしょうか。

 

やはり、これも相当横柄な印象を周りに与えるので、あまり、しない方がいいと思います。

 

でも、これもアメリカ人は割とやりるんです(笑)

 

こういう姿勢のアメリカ人と接しても、そんなに悪気がないと思うので、許してあげましょう!

 

 

腕組みをする姿勢が与える印象

腕を組む座り方

 

もう、このシルエットを見ているだけで、ちょっと怒っている人っぽい感じがしますよね。

 

腕組みって、癖になりがちですが、やはり、あまりしない方が、周りに与える印象は良いようですね。

 

 

猫背で座る姿勢の印象

背中を曲げた座り方

 

猫背は良くないと言われますが、自分の体に悪いだけでなく、ちょっと体調が悪そうにも見えますね。

 

あんまり、やる気もないように見えるかもしれません。

 

やはり、こういう姿勢をしていると、得する事は無いように思えます。

 

 

頬杖+猫背の姿勢の印象

頬杖をつく座り方

 

もはや、うつ病の挿絵を見ているようです!

 

頬杖とか、猫背とか、マイナスイメージの姿勢が二つ重なると、かなり印象が悪くなってしまうみたいです。

 

それだけは避けるように、気をつけた方が良さそうですね。




 

立った姿勢と印象の関係

次に、立った姿勢の印象の比較をしてみます。

 

自然体に立っている姿勢の印象

自然体の立ち方

 

人と接する時は、軍人でもなければ、この位の立ち方が普通だと思います。

 

ちょっと、片っぽに重心がよっていても、この位だと、印象が悪いという点は、とくに見当たりませんね。

 

 

ポケットに手を入れた姿勢の印象

ポケットに手をいれる立ち方

 

 

この姿勢も、ちょっとだけ横柄な人っぽい印象を受けますよね。

 

ポケットに手をいれるというのも、割と癖になりがちです。

 

癖になっている人は、ちょっと気をつけた方がいいかもしれませんね。

 

 

腕組みをしている姿勢の印象

腕ん組をする立ち方

 

この姿勢も、座っている時と同じように、ちょっと怒っているとか、機嫌が悪いような印象を受けます。

 

寒かったりすると、ついつい腕組みをしたくなる気もしますが、これも控えた方がいい姿勢ですね。

 

 

猫背で下を向きがちな姿勢の印象

首を曲げた立ち方

 

これも、やはり暗い印象は、どうしてもしてしまいますね。

 

これも座る姿勢と同じように、猫背は自分の体調を悪くするだけでなく、周りに与える印象も良くなくて、百害あって一利無しって感じですね。

 

 

いろんな姿勢と印象の関係を見てきて

こうやって、何種類も人間の姿勢を見てくると、やはり、良い姿勢が1番良いというのが手に取るように分かります。

 

それだけでなく、表情も無いシルエットなのに、悪い姿勢を取っているだけで、あそこまで機嫌が悪かったり悪い人に見えるというのも、意外ではなかったですか?

 

姿勢をよくするには、ちょっと筋トレ的な事も必要になってきますが、姿勢を気にしないと、周りからの印象が悪くて損してしまいそうですね。




 

まとめ

座り姿、立ち姿の様々なシルエットを比較した。

 

そうすると、良い姿勢と、悪い姿勢の周りに与える印象の違いが、一瞬でよくわかった。

 

やはり、良い姿勢を取らないと、周りに与える印象は悪くなり、人生を損してしまう可能性が高そう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 砕けた話