2018/05/31

会話中に焦る人必見!会話におけるコンプレックスを克服する方法

 
焦っている人

このブログに書かれているコミュニケーションの秘訣などを、もっと濃く書いた書籍が、アマゾン総合で31位を獲得するなど絶賛発売中です。

この本の触りを読みたい方は、ぜひ、私のダイヤモンド・オンラインでの連載をお読み下さい。

こんにちは。文章と会話の専門家、放送作家の渡辺龍太(@wr_ryota)です。
 

年上の人や異性などの、特定の人と会話する時に、『焦り』を感じる人は大勢いますよね。

 

という事で、今回は、会話における『焦り』を、どうやって克服したら良いのかを書いていきたいと思います。

 

 

会話中の『焦り』とは何か!?

会話中に『焦る』る理由は、一体、何かを考えるため、どんなシチュエーションで焦り気味なのか考えてみましょう。

 

一番あるのが、先程も書いたように、気になる異性や、怖い上司などと会話をする時だと思います。

 

あるいは、とっさに難しい事を質問されてしまった時なども、焦ると思います。

 

その他、学生であれば、突然、先生からあてられて、皆の前で発言するようにと言われた時も焦ると思います。

 

この3つに共通する何かが、『焦る』原因となっているわけですが、気づきましたか?

 

そうなんです!

 

会話中の『焦り』というのは、『自分をよく見せたい!』とか『失敗したくない』という感情が強い時に現れるものなのです。

 

 

会話中の『焦り』を消すには、失敗に慣れる事

次に、会話中の『焦り』を解消する方法を書いていきます。

 

『失敗したくない!』という感情が『焦り』を引き起こすなら、焦らないためには、2つの方法が考えられます。

 

1つは、『絶対に失敗しない!』という方法です。

 

しかし、会話の世界には、『ドクターX 外科医 大門未知子』のように、全く失敗しない人はいません。

 

どんなに会話上手な人だって、相手に自分の言いたい事が、少し違うニュアンスで伝わるなんて事は防げません。

 

というわけで、会話中の『焦り』を解消するためには、2つ目の方法である『失敗に慣れる』という方法を取るしか無いのです。

 

会話中の『焦り』を消す!失敗に慣れる第一歩

では、ここで『失敗に慣れる』という方法をお伝えします。

 

誰だって、親しい友人の前などで言った冗談が、全くウケなくても気にしないと思います。

 

きっと、『あれ?ウケなかったな〜!』と、平然としているでしょう。

 

しかし、気になる異性を笑わせようとして、渾身の力を込めて言った冗談が、全くウケなかったらどうでしょう?

 

恐らく、今言ったのは、自分の考えた冗談じゃないという空気すら出して・・・!?

 

『こんな冗談でウケる人もいるんだよ!信じられないね!』なんて、話を合わそうとしているかもしれません。

 

本人は、自分の傷口を修復しようとしてやった行動ですが、他人からみると『痛々しい』ですよね。

 

そして、その痛々しさは、本人にも自覚できます。

 

だから、こういう事は二度と経験したくないと感じて、慣れない人と話たりすると『焦り』を感じてしまうわけです。

 

つまり、会話中の『焦り』を克服するための第一歩は、『焦っている人は痛い!失敗した方が100倍マシ!』という事を理解する事です。

 

 

会話中の『焦り』を消す!失敗に完全に慣れる方法

では、最後に、『焦る事が痛い』と理解した上で、やるべきことを書いていきます。

 

それは、スベっても良い相手を見つけて、会話における失敗を大量に経験する事です。

 

例えば、異性との会話で焦りを感じてしまう人は、女性と話せる水商売の店にでもいって、思いっきり会話の失敗を体験しましょう。

 

ガールズバーの店員さんなどは、お酒を提供するだけでなく、お金を貰って客の話を聞く商売と言っても過言ではありません。

 

ですから、よっぽど、攻撃的だったりしないかぎり、どんな会話も受け入れてくれます。

 

そういう人を相手に、思いっきり失敗し続ければ、確実に、異性との会話での『焦り』が減っていきます。

 

あるいは、怖そうな上司との会話が苦手という人も、似たように、会話中に失敗してもよい先輩を見つけて、たくさん話すようにしてみましょう。

 

そうやって、『痛いより、失敗の方がマシ』と言い聞かせ、たくさんの会話中の失敗を経験すれば、誰の会話中の焦りも、自然に解消されていくはずです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -